相続の相談内容とは

コールセンターの男子

現代社会で生活している以上、税金は切り離せないものですが、あらゆる税金の中でも面倒なものの一つが相続税です。
その計算方法もさることながら、相続人が複数いる場合も多く、すんなりといかないことがよくあります。
また平成27年度1月1日からは改正された新たな相続税が適用され、その対象者となる人数は増えることが予想されます。
いままで関係ないと思っていた人も、もしかしたら納税をしなくてはならないかもしれません。
それらを調べたり計算したりするのも大変ですが、相続にまつわる書類取得や手続きはさらに面倒な作業になります。
そういった煩雑さを考えたとき、自分でおこなうよりは専門家に依頼したほうが気楽ですし、確実です。

では、相続を扱う専門家というのはどういった人たちがいるのでしょうか。
まっさきに思いつくのは弁護士かと思われます。
しかし、他の法律家と呼ばれる人たちも相続は取り扱っています。
遺産分割協議書などの書類作成や戸籍謄本などの取得は弁護士をはじめ、司法書士や行政書士もおこなってくれます。
不動産がある場合は最終的に登記が必要になりますので、そういった点では司法書士に任せたほうが早いかもしれません。
弁護士は万が一訴訟に発展した場合にはその延長で依頼できますし、また他の相続人にもきちんと説明や交渉にもあたってくれます。
実際遺産相続のときは、相続に関係ない人が出てくることもありますので、そんなときは弁護士のバッジは大きな力を発揮するでしょう。