相続について

並べた一万円札

遺産相続については、被相続人の生前からの対策が必要です。
相続財産の分割において相続人間で争いが発生し、「相続」が「争族」となる場合にもあります。
相続についての遺言書を作成しておく必要があります。
遺言書には自筆証書遺言、秘密証書遺言及び公正証書遺言があります。
遺言書の作成に際しては、必要な記載事項や要件等がありますので注意が必要です。
遺言書の作成については、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することが最適です。
また、相続税の申告が必要な者は、相続開始後10か月以内に被相続人の住所地を管轄する税務署に申告する必要があります。
相続税の申告については、税金問題の専門家である税理士に依頼することが最適です。

平成27年1月以降の相続については、改正相続税法が適用されます。
相続税法の改正により、相続1件当たりの基礎控除額5000万円が3000万円に、相続人1人当たりの控除額が1000万円から600万円に引き下げになりました。
相続人が4人であれば、これまでは9000万円までは相続税の申告は不要でしたが、平成27年以降は5400万円に引き下げになりました。
この控除額の引き下げにより、相続税がかかる者が増加することになります。
多額の相続税を発生させないためには、生前からの税金対策が重要になります。
そのためには税金問題の専門家である税理士に相談することが効率的です。
相続税の軽減策には、配偶者への居住用財産の贈与の特例や相続時精算課税制度などの生前贈与を活用することが効率的です。